新年進歩        今年も 若き日の志をだいじに、前進しましょう               2018  戊戌初春                         

   

どう生きる  少子/高齢

            二人に一人

    ガンの時代

 

みんなの広場 2017   を開催して

                                 ー講演・フォ ―ラムー 

2017年11月 29 日(水 )  13:30~

篠山市民センター  多目的ルーム  

 

 

    篠山市の人口推計グラフは、どの調査も右肩下りの一直線(右下グラフ)、その上に「二人に一人」が癌の時代。癌を「新生物」という新語に置き換えても癌は癌。この時代を、どう生きるのか、上紺屋憲彦教授・医博にご講演いただきました。

   

 癌を切らないで治療ができるよう、そのパイオニアとして、希望を持って取り組んでいらっしゃる情熱に感銘しました。

   フォーラムでは、

★聴力と視力の重複障害を乗り越え、また誤診後の絶望と医師の居直りにも堪えて毎日笑顔で「一万歩」、犬の案内で歩き続けている体験を聞きました。

★医療、福祉政策研究者より、国・県の病床減の厳しい政策の解説などを聞きました。

★市福祉部長より、高齢になっても、病院に依存し切らないよう、日ごろから健健に留意した運動等を実践すること。希望と目標を持つこと…が重要と提言されました。

 

   上紺屋憲彦教授・医博は、提言や参加者の質問に、一つひとつていねいに答えてくださいました。

 

   参加者からは、よかった」、「もっと広く呼びかけたら」等の感想を多数いただきました。

 市老連篠山支部 教養学習部長 石田宇則

..............................................

 

 

  

 フォーラム    みんなのひろば 2017    開催にあたって

 

 

 

血便暫し忘れる  フォーラム

 

Oh  ICAN  の秋晴れ ノーベル

 

 

.............................................. 

 

 

高齢者/民衆

 

統治・管理の対象 ⇒自治・人格権の主体

  

 

 .............................................. 

篠山市の高齢化の現状

 

丹波圏域の死亡原因

県は470ベッドから160程度のベッド削減が必要としています

                  ロードミラーより高い巨大ひまわり 

山本  章さん(和田)  栽培 の巨大ひまわり (2012年)

スマホ・インターネット版 《みんなの広場》 新設

 

    それらを受けて、ネット・スマホ版《みんなの広場・ささやま》https://sshiroba.jimdo.com/ を新設します。

 

老若男女どなたでも、自由に体験やご感想、ご意見等 お寄せください。


篠山市

原発/災害対策ハンドブック 〈  ここを ↓  クリック ↓ 〉

                                                            《1》       《2》


今年も   い米!    良い酒 !    良い黒豆! 

..............................................

 

黄葉の丹波並木道公園

 

ノルディック・  ウオーキング 

 

 

 ノルディック・  ウオーキングの講習会(篠山市老連主催)が11月16日午後、並木道公園で開かれました。左記の基礎的な講義の後、ストレッチなど準備体操とストックの使用方法と注意点の説明受け、しっかり=《ゆったり》歩きました。

  陽ざしはあるものの、寒い午後でしたが、汗ばむほど元気に歩きました。

 歩く前の歩幅よりも、歩いた後は、全員が5~10数センチも伸びていてびっくり、みんな笑顔で喜び合いました。わずか1時間程度でも      大腰筋が活性化し、健康年齢が伸びていくことを実感しました。

 


 

篠山市の人口推移と推計(今西 清氏資料)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日への「つぶやき・提言」を

  

 

  私たちは、恐竜時代にさかのぼる一億年以上の歴史をもつ篠山盆地に育まれ、カエルや兎、猿や熊たちと共に四苦八苦しつつ、共に生き抜いてきました。そして、石器や土器、鉄などを工夫、発明・発見し、生産を高め、それを喜び、芸能や様々な文化を遺してきました。それらは、近代化の明治以降、一層の発展を遂げました。しかし、発展の中の矛盾は、日清-日露-日中-第二世界大戦へとエスカレート。ついに、核爆弾によって目の覚めた日本は、ポツダム宣言を受託。永年の諸矛盾は、革命的に止揚・変革されました。

 

  戦争は完全に否定され、新しい憲法案がGHQ、日本政府、野党だけでなく高野私案も提出されました。そして、世界の人々が数千年にわたって希求してきた、平和・主権在民・人権を三原則とする現行憲法が制定されました。

  天皇の戦争責任は免罪され、日本は、平和国家として、本源的蓄積をなし遂げ、「世界第二の経済大国」に成長しました。そして、かつてない長寿‐高齢化の時代に突入しました。 !

 しかし、そのバブルははじけ、わがふるさと篠山も少子化-人口激減の下り坂の崖っぷちへ。同盟の経済大国」アメリカは「双子の赤字」にオバマケアも昏迷混沌。

 

   こうした 栄枯盛衰、四苦八苦-流転の現世。 少子/高齢×2人に1人がガン=時代。ここの諸矛盾をどう止揚・解決するかが、今、問われています。

   医療介護福祉の受け手の世代になって見えてきたものを現役世代と率直に話し合い、自治体・市の行政に具現化されるよう、青雲の志をもって、フォーラム:《みんなの広場》を開催し、ネット・スマホ版のホームページ《みんなの広場》の常設を念願しています。

 

  国立篠山病院撤退二十年、医療センター新築十年の節目の年。ひっぱくする財政と医療介護福祉の政策‐‐‐。  各クラブ内外の切実な問題について、質問、意見など3分以内に要約して、ご参加ください。

 

  なお、インターネット・スマホ版の「みんなの広場」は、篠山市立中央図書館、市民センター図書館で、無料でご覧いただけます。また、スマートフォンから、どこからでも 「つぶやき」、提言、画像の投稿・共有ができます。

 

明日の篠山

ー老若男女 みなの手でー 

 

 2017.11.7

 

 市老連 篠山支部 
みんなのひろば 2017
ー講演・フォ ―ラムー
どう生きる   
少子/高齢
人に一人  ガンの時代
..............................................
■ と  き   2017年11月 29 日(水 )  13:30~
■ 篠山市民センター  多目的ルーム1                  
......................  日  程  ........................
         
受  付                                                                                              13:00
 開  会 ・司  会                           副部         梶原 弘義          13:30
挨拶                                                  会    長         西田 直勝
開催の理由(講師・提言者紹介)   学習部長      石田 宇則
講  演           上紺屋憲彦 教授
                                             (兵庫医科大学・博士)      (≒60分
     ....... 休 憩     .......
高齢患者の絶望と笑顔・希望      吉田 勉氏(各氏7分)
変わる医療介護福祉の政策                   今西  清氏 
あしたの 町づくり
                 篠山市 保健福祉部長   倉  剛史氏
      
参加者の体験、提言       (一人3分以内30分
コーディネーター  (進行~まとめ)
                             市老連篠山  教養研修部     吉田   浩明 氏
閉 会  
市老連篠山支部 教養学習部